本郷菊坂 of 本郷界隈

樋口一葉の菊坂生活。

菊水湯02.jpg

樋口一葉は父の死後母妹と共に明治23年旧菊坂町70番地の貸家に移る。ここは安藤坂の歌塾萩の舎、幼時住んだ赤門前の桜木の宿にも近い所だった。ここでの一葉は母たき、妹くにと他人の衣服洗濯や針仕事で生計を立てた。路地の掘抜井戸の水を汲んで使ったとされる。萩の舎での歌作とそれに必要な古歌や古典の研究を上野の図書館にも通い続けた。萩の舎の姉弟子田辺花圃の活躍に刺激され小説家への決意を固める。24年1月『かれ尾花一もと』を執筆。同4月小説記者半井桃水に小説の指導を受け弟子となる。25年3月、同人雑誌「武蔵野」に『闇桜』が掲載され初めて活字となる。続いて『たま襷』『別れ霜』『五月雨』『経づくえ』『うもれ木』『暁月夜』『雪の日』などを発表。また『文学界』同人平田禿木など多くの文人と交流。一葉文学の発祥の地でもある。精神的にも物質的にも行きづまりを感じ生活は商売で維持し心のおもむくままに筆を取ろうと2年11か月の菊坂の生活から、26年7月下谷区竜泉寺町に移って行った。

一葉旧居01.jpg

菊坂04.jpg多くの人々が行き交う明治40年頃の菊坂。特に明治、大正時代は多くの文士達が集まりこの菊坂を闊歩していたと想像できる。
菊坂101 .JPG「此辺一円に菊畑有之、菊花を作り候者多住居仕候に付き、同所の坂を菊坂と唱え。坂上の方菊坂台町、坂下の方菊坂町と唱候由」となる。今は本郷通りの文京センタービルの北横から西方1丁目の台地の下までの長いだらだら坂を菊坂と言っている。

kikuzaka.gif

※地図をクリックして下さい。

樋口一葉.jpeg樋口一葉
1872年(明治5年) - 1896年(明治29年)、中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「十三夜」「にごりえ」等の秀作を発表。『一葉日記』も高い評価を受けている。本郷・菊坂下道路地に暮らしていた。

樋口一葉旧居.JPG樋口一葉旧居
本郷・菊坂下道路地の樋口一葉旧居は今も時計が止まったかの様な静寂を保ちます。一葉はこの路地内でも転居し二つの家に暮らしたと言われる。いまでも多くの方々が生活しているので迷惑にならない散策を心がけたい。

伊勢屋質店001.jpg伊勢屋質店
樋口一葉が生活のために通った質店。竜泉への移転前に「此夜さらに伊せ屋がもとにはしりて、あづけ置たるを出し、ふたたび売に出さんとするなど、いとあはただし」とある。移転後も終薦の地へ移っても緑は切れなかった。死の前年の日記には「時は今まさに初夏也、衣がえも、なさではかなわず、ゆかたなど大方いせやが蔵にあり」とある。一葉の亡くなった時の香典帳に伊勢屋より「金壱円也」とある。伊勢屋の土蔵は一葉当時のままだが店部分は明治40年に改築。

一葉井戸04.JPG樋口一葉の井戸
樋口一葉の旧居、菊坂下道路地奥の井戸は今でも生活に使われている。この井戸を一葉も使っていたと思うと歴史を感じる。

菊坂下道001.jpg菊坂下道
本郷・菊坂に沿って川が流れっていたと言う。この川の流れが菊坂より一段下がって菊坂に平行する。これが今では測道となり、いつしか菊坂下道と言う様になった。

菊坂下道住居001.jpg菊坂下道住居
本郷・菊坂に平行する菊坂下道の路地には昔ながらの長屋住居が点在する。屋根が低いためか、天井も低く昔ながらの日本家屋の特長の様だ。

高層マンション01.JPG菊坂高層マンション
明治、大正、昭和の面影が残る本郷・菊坂界隈も今では大きなマンション建築が進んでいる。昔ながらの住居と高層マンションの組み合わせは何とも言えない時代の流れを感じる。

菊富士ホテル001.jpg菊坂ホテル
明治29年下宿屋菊富士楼を開業。明治40年菊富士楼の隣地に三階建の別館を建築。大正3年に東京大正博覧会(上野公園)開催による外人客を見込み、東京ホテル・帝国ホテルに次ぐ菊富士ホテルを増築。地上三階地下一階、屋上に塔の部屋を持つ30室の新舘だった。屋根に装置されたイルミネーションが輝き夜の菊坂名物となった。このモダンな高等下宿に宿泊した人たちは、外人客より、いつの間にか作家・芸術家が止宿し名作を生み出す。

宮沢賢治001.jpg宮沢賢治旧居跡
宮沢賢治は岩手県花巻市から大正10年25歳の時に上京した。東京大学赤門前にあった騰写版印刷の「文信社」で筆耕、校正などで自活し街頭で日蓮宗の布教活動をした。この時期に間借りした家が平成2年末まで残っていた。長泉寺の門の前菊坂上通りから石段を下った下通りの真向い(現在はマンション)にあった二軒長屋の左側の二階6畳間に住んでいた。

菊坂地図01.JPG菊坂案内板
樋口一葉が5千円札の肖像画に採用されてから多くの人々が菊坂を訪れる様になった。菊坂を管轄する文京区でも、本郷通りから菊坂に入った直ぐ右側に菊坂の案内看板を新調した。

菊坂井戸001.jpg菊坂井戸
本郷・菊坂、菊坂下道を歩いていると幾つかの井戸を発見する。はたして幾つの井戸が有るか訪ね歩くのもちょっと乙な散策かもしれない。

木造三階建.JPG木造三階建
菊坂沿いの木造三階建住宅。菊坂下道と菊坂の段差を利用して三階建にしている。

菊坂/坂001.jpg菊坂下道からの階段
本郷・菊坂に沿ってある菊坂下道は以前、川流れていた事からが菊坂より一段下がっている。この菊坂下道から菊坂へ登るために幾つかに階段がある。ひとつひとつが特長を持っているので是非注目したい。

菊水湯001.jpg菊水湯
現在では珍しくなった唐破風建築の銭湯。菊坂から派生する菊坂下道沿いにある。浴場には雄大な富士山が描かれる。現在の建物は昭和初期に建築され今でも地下水でを汲み上げ薪で湯を沸かしている。

金魚坂001.jpg金魚坂
50年続いた金魚屋が金魚をみてくつろげる空間をご提供したいとレストラン「金魚坂」をオープン。宴会、パーティー、音楽会など多目的にも利用可。また一杯飲みながら釣りも出来る釣り堀も併設。都会のオアシス。東京都文京区本郷5-3-15 03-3815-7088/営業時間 11:30-22:30/休業日 月曜。

本妙寺坂02.JPG本妙寺坂
本郷台地を流れる川により台地が浸食され渓谷となり、これを埋め立て菊坂となった。この菊坂に向って台地から幾つかの坂道ができている。このひとつが本妙寺坂で明暦の大火で有名な本妙寺があった事からこの名前がついている。

梨木坂001.jpg梨木坂
本郷・菊坂にむかって下る坂のひとつで、多くの梨の木があったことから梨木坂と呼ばれている。 

胸突坂01.JPG胸突坂
昔はこの胸突坂を菊坂と呼んでいたようである。享保年中の江戸絵図には現在の胸突坂にあたるところをキクサカと記されている。胸突坂の名称は急な坂を上る時の身体の形から名付けられたものである。因みに同名の坂は文京区内に3つある。もともとは胸突坂を菊坂と呼んだとされる。

長泉寺01.JPG長泉寺
菊坂より北に上がった場所にあり明治には境内に菊富士ホテルもあったなかなか趣のあるお寺。

えちごや.JPGえちごや
菊坂沿いの「えちごや」は明治10年創業の甘味処。お団子、大福、お稲荷さん、どんぶり、麺類と何でもあります。とくに小倉アイスが看板。

キッチンまつば001.jpgキッチンまつば
菊坂と本妙寺坂の交差する道にある「キッチンまつば」は昔ながらの洋食屋さん。特にハンバーグ系がお薦め。東京近郊よりわざわざお客さんが通うかくれたレストラン。

菊坂コロッケ001.jpg菊坂コロッケ
菊坂のまるや肉店では、菊坂コロッケと命名した熱々のコロッケを販売。1個づを小袋にて購入できますので菊坂散歩の合間に是非お試し下さい。1個100円。東京都文京区本郷4-36-4 03-3812-0654

海燕001.jpg海燕
菊坂沿いにある小さなアットホームな感じのロシア料理店。本格的なロシア料理が食べられる驚きのお店です。東京都文京区本郷4-28-9 03-6272-3086/営業11:30~14:3017:00~23:00/定休日 月曜。

ひとは01.JPGひとは
炭団坂より菊坂下道突き当たった角の店。本郷・菊坂界隈の散歩の休憩地としてお薦め。店の前の防火水槽が歴史を感じる。因に「ひとは」は樋口一葉の「一葉」を読んだ店名。

ズボン堂01.JPGズボン堂
創業昭和12年に菊坂沿いに「堀江注文ズボン店」を開店、昭和25年「ズボン堂」に改名。リーバイスやリーなどのアメリカンジーンズからIVYパンツなど、在庫が4000本も揃っている。

古美術泰啓堂.JPG古美術泰啓堂
菊坂沿いにある「古美術の泰啓堂」では美術刀剣、武具類、印籠、根付、蒔絵、掛け軸、浮世絵等を扱う。特に刀剣や甲冑がウインドウ越からも見る事が出来るので足を止めて覗いてみよう。

菊坂街灯01.JPG菊坂街灯
菊坂を歩いて頭上を見上げれば「きくさかどうり」の文字と「菊」を配した、懐かしさを感じる街灯を見る事ができます。因にこの支柱には菊坂ゆかりの人々を紹介した銘板が貼ってあります。ひとつひとつを見るとあっと驚く発見が出来そう。