東京大学 of 本郷界隈

学生・教職員2万人の大学。

銀杏05.JPG

東京大学は教職員、学生合わせて2万人。敷地の大半が加賀百万石の前田家の上屋敷でした。ちょっと昔話をすると幕末時の高等教育の中心は湯島聖堂と昌平坂学問所が主となっていました。当時は儒学が官学でもありました。それに対し洋学の研究所は九段下の開成所(審書調所)と神田お玉が池の医学所(種痘所)でした。時代の流れで教育方針も儒学から洋学への転換が始まり開成所が大学南校、医学所が大学東校と改名(湯島聖堂から見て南と東)。以後南校と東校がひとつとなり明治10年に東京大学として発足。本郷での東京大学は医学部から始まり法文理三学部が入り、遅れて工科大学が入り現在の骨格をなします。1923年の関東大震災でキャンパスは壊滅。復興では医、法、文、理、工の5学部に、農学部、経済学部、教育学部、薬学部が加わりました。

安田講堂04.JPG安田講堂は日本の四大財閥の一つ安田財閥の創始者・安田善次郎の寄付により建設されました。正式には東京大学大講堂と言う。収容人数は1,144席(3階席・728席/4階席・416席)。安田講堂のイメージは「東大のシンボル」「学生運動の象徴」とよく聞きます。特に中高年の人たちはテレビに映し出された安田講堂屋上から機動隊に火炎瓶を投げつける光景は鮮明に頭の中に残っています。今の安田講堂からは想像もできない光景でした。

赤門001.jpg将軍の娘を迎えるときの門で文政10年建立。同年十一代将軍家斉の娘溶姫は前田家13代斉泰に媛入りした。将軍の姫三位(官位)以上の大名に嫁した人、その居所を御守殿(四位以下を御住居)と称した。斉泰が安政2年に中納言に任ぜられ溶姫は御守殿となり門も御住居表御門から御守殿門と称された。切妻造本瓦葦、三間の薬医門で、朱塗りの木部と黒金具、その左右に唐破風造の番所を置く。屋根瓦には葵の紋、梅鉢の紋、まだその意味が解明されていないが大・中・小サイズの学の文様がある。大御門の黒門に対して赤門と呼ばれ赤門は焼けたら再建を許されず加賀蔦(消防隊)が守護した
三四郎池01.jpg元和元年、大坂城落城後加賀藩前田家が、現東大の敷地を幕府から賜わった。寛永3年、三代利常の時、三代将軍家光訪問の内命を受け殿舎・庭園の造営にかかった。外様大名として幕府に誠意を示すため大工事が行なわれた。国元から職人・農民を召集して三か年を要した。この時に造られた庭園が育徳園と呼ばれ、池は心字池といい、八景八境の勝があり、築山小亭を設けて数奇を極めたという。当時江戸大名庭園中第一と称された。夏目漱石の名作『三四郎』(明治41年)の小川三四郎と里見美禰子との出会いの場がこの池のほとり、心字池は誰いうとなく三四郎池と呼ばれた。

tokyo-dai-map2.gif

※イラストをクリックして下さい。

クスノキ001.jpg

安田講堂前大クスノキ
安田講堂前には左右対称の位置で大クスノキが鎮座します。東京都内でこれだけの巨木を見つける事は出来ないと思います。1本がまるで森の様な大きさです。

アーチ001.jpg

アーチ門をくぐれば
法学部や文学部の建物1階部分は人が通り抜けられる様にアーチ型通路となっています。昼は多少暗くなるので重厚感あるアーチに、また夜はアーチ内の間接照明でより現像的なアーチとなります。

噴水001.jpg

総合図書館前噴水
中央図書館の前の噴水は、一定の時間で水を吹き出す間欠噴水です。ちょっと足を止めて噴水を見上げていると「ザザザー」と噴水が吹き出します。

イチョウ001.jpg

季節の彩り、銀杏並木。
東大正門から安田講堂に続く道の左右には大変大きい銀杏の並木が続きます。11月下旬から12月上旬にかけ黄色一色になります。特に12月上旬は銀杏な葉が落ち一面が黄色の絨毯を敷き締めた様でも有ります。

懐徳館庭園001.jpg

懐徳館・懐徳園
東京大学の迎賓館として使用されています。明治時代に立てられた和館、洋館とも東京大空襲で消失しましたが1951年に和風建物が建築され懐徳園という和風庭園と合わせて今日に至っています。

東大病院001.jpg

医学部付属病院
東大医学部付属病院の外来棟の上層には幾つかの大きなレリーフを見つける事が出来ます。古代ギリシャから漢方、蘭学までの医術に関するデザインとなっています。

中央図書館001.jpg

総合図書館
東京大学には本郷キャンパスに総合図書館、駒場キャンパスに駒場図書館、柏キャンパスに柏図書館があり、さらに各学部や研究所等にも34の部局図書館(室)があり、これを総称して「東京大学附属図書館」と呼んでいます。

東大博物館001.jpg

総合研究博物館
総合研究博物館は、学内共同利用施設の一号機関として1996年、国内初の教育研究型ユニヴァーシティ・ ミュージアムとして誕生した。明治10年の創学以来、総数にして600万点を超える各種学術標本が 蓄積されており、そのうち総合研究博物館に収蔵されている学術標本は300万点を 超える数にまで達している。

銅像02.JPG

最大の銅像
本郷キャンパス最大の銅像。この銅像の主は東京帝国大学総長の座に2度のわたって就いた浜尾新(1849-1925)氏。銅像の背後の壁面にはその功績を讃えた文章が刻まれる。

東大正門001.jpg

東大正門
本郷通りに面している正門は、門衛所も合わせて有形文化財として登録されています。24時間通行可能でs。

中央食堂001.jpg

中央食堂は安田講堂前広場の地下に。
安田講堂前の芝生広場の地下にこんなに大きな食堂が有るとは、知らない人は絶対にビックリ。一般利用も可能なので安くてボリュームのある学食に一度はチャレンジしたい。

武道館001.jpg

柔剣道場
柔剣道場は通称七徳堂とよばれ、瓦屋根を採用した和風建築。柔道、剣道等に汗まみれになって東大生が練習に励んでいる。室内には畳が敷かれている。グランドに面している場所は、道着等の洗濯物が干され東大生の男臭さを感じる。

三四郎池02.JPG

三四郎池への滝
文学部三号館や弓道場のある地区から三四郎池に落ち込む滝。もちろん自然の滝ではないが2段に落ち込むその姿は夏の時期には諒を誘う。また人工の滝だけに24時間流れ流れる事は無いが、流れている姿を見ると感激もの。

大銀杏001.jpg

東大と銀杏
東大校章のバッジは銀杏の葉を二枚組み合わせたデザインであり、また安田講堂前の銀杏並木も有名です。東大と銀杏は切って見切れない関係ですが工学部前広場の大銀杏は大変な巨木としても有名。暗くなるとライトアップもされ幻想的な銀杏が見れる。

東大藤棚001.jpg

藤棚
正門と赤門の間にあるある藤棚はちょっとオシャレな空間を醸し出します。藤棚のベンチに座って読書をする学生を見つける事が出来ます。5月の藤の花の季節にはほんの上に花びらが舞落ちます。

ローソン001.jpg

構内のコンビニ
学生、教職員合計2万人が集まる東大キャンパスは、ひとつの町と言っても過言有りません。キャンパスにはコンビニ、床屋、写真屋、レストラン、コーヒーショップもあります。特に安田講堂の隣の24時間営業のコンビニにはビックリ。写真は龍岡門側のコンビニ2階以上が宿泊施設です。

サッカー場001.JPG

御殿下グランド
御殿とは以前あった大学本部の和風建築の事で、現在の山上会館のあたりに在った。その足下に広がっていたので御殿下グランドと呼ばれる。現在はサッカーコートとして活用されている。

東大安藤建物001.JPG

福武ホールは安藤忠雄の設計
情報学環・福武ホールは、株式会社福武書店の福武總一郎氏による寄附に基づき、安藤忠雄氏の設計によって建築され、2008年に竣工。社会との対話から学び、新しい研究を創造していく場として誕生。

東大店001.JPG

東大コミュニケーションセンター
東京大学と社会の双方向的な連携を推進する拠点施設として整備されたコミュニケーションセンターでは、コミュニケ-ション・マークが配されたグッズ類の販売や研究成果の展示など東京大学を訪れた人々に様々な機能を提供しています。

農学部001.jpg

弥生(農学部)キャンパス
農学部があるため「農学部構内」と呼ばれることもあるが、実際にはその他の研究施設も多く存在する。本郷キャンパスの北隣りに位置しており、両キャンパスを隔てる言問通りには構内歩道橋がある。

弓道場001.jpg

弓道場
弓道場は和弓の練習場で正式には弓術的場と言う。東大では弓道は盛んで夜遅くまで練習に励む学生を見る事が出来る。迷惑にならない様に覗く事も可能。

東大構14.jpg

医学部2号館本館
医学部本館は本郷通りに面する赤門から入って突き当たりの建物。目の前には芝生の庭が広がる。重要文化財に指定されている。

櫻001.jpg

東大の桜
桜というと本郷より東の「上野の桜」が有名ですが。東大構内にも桜の木々が沢山有り東大学生、関係者、地元の人にとっては隠れた桜の名所になっています。上野の山では花見の場所取り合戦が行われていても、ここ東大構内ではゆっくり花見が楽しめます。特に龍岡門から入って左側の桜が人気。

ライトアップ001.jpg

東大のライトアップ
東大でライトアップをしている事を知っている方は、学生、学校関係者以外は少ないと思います。毎年12月中旬から医学部本館と同館前の広場を利用してライトアップをしています。また工学部前の大銀杏とコンドル銅像は通年ライトアップしています。是非ご覧下さい。

ジョサイアコンドル.JPG

ジョサイア コンドル像
イギリスのロンドン出身の建築家(1852 - 1920)。政府関連の建物の設計を手がけた。東京大学工学部建築学科の教授として辰野金吾ら、創生期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。

人工衛星おおすみ.JPG

人工衛星おおすみ
日本初の人工衛星。東京大学宇宙航空研究所が1970年にラムダロケットによって打ち上げられた。この打ち上げによって世界で4番目の人工衛星打ち上げ国となる。工学部前の芝生広場にケースに入れて展示。

チャールズウエスト.JPG

チャールズ ウエスト像
機会工学と造船学の講師。銅像の周囲に製図器具、蒸気機関、造船所等の浮き彫りがされている。工学部前の芝生広場でコンドル像と共に通年ライトアップされている。

マンホール001.jpg

東京帝国大学のマンホール
東京大学の前進はご存知東京帝国大学。東大キャンパスの中で唯一この名前が残るのがマンホールです。貴方は何種類の東京帝国大学マンホールを見つける事が出来ますか?

浅野キャンパス001.jpg

浅野キャンパス
東京大学では本郷キャンパスと弥生キャンパス、浅野キャンパスからなり、浅野キャンパスは1941年に取得されたもので、本郷、弥生キャンパスにの様な歴史的建築物は無い。

野球場01.JPG

野球場
東京大学野球部は皆さんご存知の通り、東京六大学野球連盟に加入しています。日々の練習はこのグランドで行っています。「フレー、フレー東大」

地震研01.JPG

東大地震研究所
東京大学の附置研究所(共同利用・共同研究拠点)で1925年に設立された。地震学、火山学などを中心に幅広い分野の研究が行われている。弥生キャンパス内に在る。

広報センター01.JPG

龍岡・広報センター
龍岡門横にある煉瓦作りの建物。以前は東大病院の急患受付所として使用されていたが、平成7年に改修を行い広報関係施設としてオープンした。

東大構内02.JPG

留学生
東京大学では多くの国から留学生を受け入れている。東京大学留学生センターの開設も行い近年はより積極的な活動をしておる。構内では多くの留学生と多くの言語を耳にする事が出来る。

懐徳門001.JPG懐徳門
懐徳門も綺麗に整備され門の脇には懐徳館の基礎部分が展示されています。

東大・春日門001.jpg春日門
近年改築された春日門。以前は鉄の扉でした。

東大池之端門001.JPG池之端門
上野、池之端方面の出口はこの池之端門を利用。不忍池にも近いです。

西片門01.JPG西片門
本郷通り沿いで正門と農学部の間の門。比較的新しい門です。

東大弥生門01.JPG弥生門
浅野キャンパスや根津、千駄木方面にはこの門を利用します。門扉が新しくなって残念。

鉄門001.jpg鉄門
東大病院から無縁坂方面に出る門。鉄門自体は昔からの門だそうですがこの門は最近開設。

龍岡門001.JPG龍岡門
ご存知龍岡門。東大病院への入口でもあり、バスやタクシーもこの門を利用します。

農学部01.JPG農学部正門
弥生キャンパスの正門。とても大きな風格ある門です。

街頭02.JPGオシャレな街路灯
東大構内を歩いているとオシャレな街灯を目にします。夜には明かりが灯され、昼とは違った東大構内を楽しめます。

屋根.psd屋根の上は
東大構内の建築物は重要文化材に指定されている物が沢山有ります。屋根の上のこの飾りは・・・。

東大シーサー001.JPGシーサー
東京大学構内を散策しているとシーサーを見つける事が出来ます。貴方も見つけてみては。

東大本部棟01.JPG本部棟
龍岡門に入って直ぐの高層建築が本部棟です。

DSCN1594.JPG山上会館
昔の東大本部(御殿)の在った後に建てられた会館。国際会議等もできます。

DSCN1599.JPG御殿下プール/体育館
御殿下グランドの地下には大きな体育館とプール等があります。その大きさにはビックリ。

東京大学キャンパスガイド.jpg東京大学キャンパスガイド
東京大学の事はこの一冊でわかります。東大生協でも販売中。お薦めです。(東京大学出版会1890円)

猫.JPG東京大学のネコ
東京大学には沢山の動植物が生息します。近年ではハクビシン等も見かけます。そんな中30匹以上いると言われるネコ達は皆飼い主より捨てられた可哀想な身の上なのです。

医学部博物館.JPG健康と医学の博物館
2011年1月に大変珍しい医学の博物館が東京大学医学部総合中央館にオープンした。正確には「健康と医学の博物館」と言う。

Y'SLOGO.gif

Y'SLOGO.gif

Y'SLOGO.gif